News

点訳のご依頼、ご意見、ご感想
戻る

ひきふね図書館『大人のための点字入門講座』開催のお知らせ

赤ちゃんも、障がいのあるかたも、未就学児も... みんなみんな 『ようこそ!誰でもコンサート』!

日本点字図書館ふれる博物館・第4回企画展『ルイ・ブライユとさわって学べる点字の世界』

『各種機器体験会』の開催日程のお知らせ

劇団民藝9-10月公演 『異邦人』 バリアフリー観劇のご案内

『視覚障害者音楽教室』のご案内

『チャレンジド・ヨガ~視覚障がいのかたのヨガ~体験会in川崎』のご案内

音声解説付きDVD映画の体験上映会・川崎『マルサの女』のご案内

劇団ふぁんハウス第36回公演『明日への旅路』バリアフリーサポート

晴眼者とともに学ぶ視覚障害者教養講座『高齢期の生活設計・自分らしい人生であるために』

『シネマ・チュプキ・タバタ ユニバーサルシアター』 7月上映のイベント決定!

劇場で楽しめる、スマホで聴く音声ガイド『UDCast』のご案内

ページの先頭へ戻る


ひきふね図書館『大人のための点字入門講座』開催のお知らせ

点字の基本を学び、絵本に点字をつけてみましょう。絵本の持ち込みOKです。絵本のない方にはご用意があります。

○日時

2019年8月2日、9日(金曜日) 10時から12時

○場所

ひきふね図書館 5階会議室

○対象

どなたでも (2回とも参加できる方)

○定員 

先着20名

○費用

無料

○申込み方法・問合せ

ひきふね図書館 (墨田区京島1-36-5)  電話 : 03-5655-2350  FAX : 03-5655-2351

協力:点訳きつつき Eメール info@tenyaku-kitsutsuki.jp

関連URL:https://www.library.sumida.tokyo.jp/images/upload/チラシ2019626153529.pdf


赤ちゃんも、障がいのあるかたも、未就学児も... みんなみんな 『ようこそ!誰でもコンサート』

普段なかなかホールに来られない方々にも音楽をお楽しみいただきたい――
そのような思いで、2011年8月より毎年度1回、未就学児、障がいをもったかた、車いすのかたをはじめとして、どなたでもご入場いただけるコンサートを開催しています。トリフォニーホール・ジュニア・オーケストラが「みんなで歌おう」コーナーなどの工夫を凝らしながら、楽しく演奏しています。休憩なし、約60分、泣き声・笑い声・大きな声も気にしない、あっという間のコンサート。毎回完売御礼、毎年楽しみにいらっしゃるリピーターのお客様も多い、人気公演です。

○日時・場所  

2019年8月2日(金) 10時30分開演(9時30分開場)

すみだトリフォニーホール 大ホール

東京都墨田区錦糸1-2-3
 JR「錦糸町駅」北口より徒歩5分
 東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」3番出口より徒歩5分
 都営バス「錦糸町駅」下車 徒歩5分

○出演

松尾葉子 (音楽監督・指揮・お話)
中須美喜 (ソプラノ)・大平倍大(テノール)
トリフォニーホール・ジュニア・オーケストラ

○料金

全席指定   1000円  
         障害のあるかた、その介助者、未就学児 無料(要座席券)

○問合せ・チケット申込み

トリフォニーホールチケットセンター  03-5608-1212 (窓口・電話のみ取扱い)
関連URL  https://www.triphony.com/concert/detail/2019-01-003141.htm

ページの先頭へ戻る


日本点字図書館ふれる博物館・第4回企画展『ルイ・ブライユとさわって学べる点字の世界』


ある検索サイトでは、子どもたちの検索キーワードで、点字の発明者「ルイ・ブライユ」の名前が、4年連続で人名トップになりました。これは、小学4年生の国語の授業などで、点字のことを取り上げる学校が多いためだそうです。
そこで、ふれる博物館では、小学校の夏休みにあわせ、点字の考案者ルイ・ブライユと、点字にまつわる機器、点字がついた品々を紹介する企画展を開催することにしました。子どもたちだけでなく、大人の人にとっても満足いただけるよう、点字図書館ならではの、こだわりの展示品を揃えました。多くの人に点字の世界にふれていただける体験型の企画展です。

〇企画展概要

①点字より前に考えられていた、さわる文字

 ・ムーンタイプ ・・ イギリスで考案され、点字考案以後も使用された凸線文字。行を往復して読むという特徴があります。
 ・通信玉 ・・ 大小2種類のガラスの玉を、結び目をさかいにして、上と下に分けて並べて文字をあらわします。
 ・折り紙文字 ・・ 小さな四角い紙の角の折り方を変えて文字をあらわします。紙が何枚も必要です。実用はされていなかったようです。
 ・かわら文字 ・・ 土で文字を浮き上がらせた3×4㎝のかわらをつくり、かまで焼きかためたものです。
 ・こより文字 ・・ うすい紙をねじって、ひものようにした「こより」を文字の形にして、厚紙にはりつけたものです。
 ・はり文字 ・・ はり先で文字を形作られた活字を紙に押し当て、紙に凸点文字を浮き上がらせます。

②点字を書く道具

 ・フランス式点字盤 ・・ 点字を受けるところが凹んだ線になっている「フランス式」の点字盤です。形状は、昔の洗濯板のようにも見えます。枠を上げて、打った点字を確認することができるという特徴があります。
 ・中村製 小型33マス点地盤 ・・ 四角の枠内に「ト」のマークがある初期の点字盤です。小さな点字(42マス相当)の小型点字盤。
 ・中村製 32マス標準点字盤 ・・ 日本で、最も普及した国産の木製点字盤です。現在は、入手困難となってしまいました。
 ・ピヒト製 タイプライター ・・ 昭和の初めにピヒト社から点字毎日に贈られ、その後、国産点字タイプライター製作の端緒となった製品。この機械は点字毎日の初代編集長、中村京太郎が使用したと伝わっています。
 ・ライトブレーラー ・・ カニタイプの愛称のある国産点字タイプライター。その由来は、移動するキャリッジの左右から3つずつのキーが伸びている形が、カニの姿に似ているところから。展示品は、キーが短い初期型です。
 ・パーキンスブレーラー ・・ アメリカで最も古い盲学校であるパーキンス盲学校が生産する点字タイプライター。機械の堅牢さ、使い易さ、点の鮮明度では定評があり、今も生産が続いています。点字が表面に出てくるため、タイプしながら文書を読むことができるのが特徴です。

③調べてみよう

 ・ルイ・ブライユと点字の世界をしらべよう。このコーナーでは、ルイ・ブライユの伝記や、点字に関する本を集めました。楽しい迷路、ブライユの伝記マンガ、点字のことが書いてある教科書もあります。マットが敷いてあるので、寝転んで読書することもできます。

④点字をかいてみよう

 ・実際に点字を打つ体験ができるコーナーです。名刺サイズの紙に、自分の名前を点字で書いてみましょう。

⑤さわってわかるモノ いろいろ

 ・ スーパーで買えるような、身近な製品に点字が入っています。点字以外でも、さわってわかる工夫をしたモノを展示しています。

⑥点字を生み出した人びと

 ・点字を発案したルイ・ブライユとその生家
 ・ブライユ点字を日本点字に翻案した 石川倉次のこと


企画展概要URL:https://www.nittento.or.jp/about/fureru/exhibition_04.html

〇場所  

新宿区高田馬場2-3-14 アイ・ブライト2階 (日本点字図書館分館)
JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線「高田馬場駅」 早稲田口から徒歩10
東京メトロ副都心線「西早稲田駅」 2番出口から徒歩7

〇開館日時

2019年 6月26日(水曜日)~9月28日(土曜日)

毎週水曜日・金曜日・土曜日(祝日を除く) 10時から16時 (入館は15時までにお願いします)
※ ただし、8月10日(土)・14日(水)は特別休館日です

〇入場料  無料

〇問い合わせ先

日本点字図書館 090-3247-7290(開館日) それ以外は03-3209-0241(本館代表)
小さな博物館ですので混雑が予想されます。なるべくご予約をお願いいたします。

関連URL:https://www.nittento.or.jp/news/furehaku04.html

日本点字図書館ホームページ:https://www.nittento.or.jp/

ページの先頭へ戻る


『各種機器体験会』の開催日のお知らせ

<プレクストークPTR3体験会>

プレクストークPTR3の体験会を開催いたします。当日メーカー担当者から製品の操作方法、前機種からの変更点の説明を受けることができます。

・開催日: 2019年7月17日(水)
・時間: 10時から12時のみ
・定員: 5名(要予約)
・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C

<プレクストーク リンクポケット体験会>

パソコンを使わずサピエ図書館にあるデイジー図書をストリーミング(再生)または、ダウンロード(リンクポケットに保存)して聴くことができる小型のデイジー再生機です。図書検索、ダウンロードなどの体験ができます。

・開催日: 2019年7月17日(水)
・時間: 13時から15時のみ
・定員: 5名(要予約)
・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C

<ブレイルメモシリーズなどKGS製品の体験会(購入を検討されているかた)>

点字文書の作成・編集のほか、音声図書の再生やメモ録音、墨字文書の作成・編集などができる点字ディスプレイの、ブレイルメモスマート16・スマート40について、メーカーの担当のかたから説明を受けながら、機器の体験ができます。

・開催日: 2019年7月18日(木)
・時間: 10時から12時のみ
・定員: 5名(要予約)
・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C


<ブレイルメモシリーズなどKGS製品の体験会(既にお持ちのかた)>

点字ディスプレイブレイルメモシリーズのご不明な操作方法について、メーカーの担当のかたから説明を受けることができます。日頃の操作で困っている点などをご質問いただけます。

・開催日: 2019年7月18日(木)
・時間: 13時から15時のみ
・定員: 5名(要予約)
・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C

<ブレイルセンスポラリス・ポラリスミニ体験会 >

Android搭載音声点字情報端末ブレイルセンスポラリス・ポラリスミニ体験会を開催します。最新型ブレイルセンスをこの機会にお試しください。

・開催日: 2019年7月27日(土) 
・時間: 10時30分から12時、13時30分から15時の2回
・定員: 各回4名(要予約)
・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C

○予約・問合せ

社会福祉法人 日本点字図書館 用具事業課 わくわく用具ショップ 
電話:03-3209-0751(9時から16時まで)
電子メール: yougu@nittento.or.jp
関連URL: http://www.nittento.or.jp/news/yougu_trial.html
日本点字図書館ホームページ: http://www.nittento.or.jp/


ページの先頭へ戻る


劇団民藝9-10公演 『異邦人』 バリアフリー観劇のご案内 

町に外国人労働者がやってきた――変わるのは私たちかもしれない――

○日時・場所

2019年9月26日(木曜日)から10月7日(月曜日)、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(新宿南口)

昼公演13時30分開演
2019年9月27日(金曜日)、28日(土曜日)、29日(日曜日)、30日(月曜日)、10月1日(火曜日)、3日(木曜日)、5日(土曜日)、6日(日曜日)、7日(月曜日)

夜公演18時30分開演
2019年9月26日(金曜日)、10月2日(水曜日)、4日(金曜日)

(受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です)


◎9月28日(土曜日) アフタートーク 中津留章仁氏
◎9月29日(日曜日) 終演後、出演者との交流会
◎10月5日(土曜日) 終演後、バックステージツアー
 

いずれも参加無料、予約不要です。


○アクセス

紀伊國屋サザンシアター(新宿南口)東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7階
JR「新宿駅」新南改札より徒歩5分、南口より徒歩8分
JR「代々木駅」東口より徒歩5分
地下鉄副都心線「新宿三丁目駅」E8出口より徒歩5分

○かいせつ

人口減少、人手不足などを背景に日本で働く外国人は増え続けている。日本にやってくる外国人たち、そして彼らを受け入れる日本人たち、異なる文化を持つ人間同士がふれあい、そこからはさまざまな摩擦や感情がうまれてくる。日本社会で共に生きていく私たちのこれからを探る――。『篦棒』に続く中津留章仁氏の民藝書き下ろし第二作。

 ○ものがたり

村本早苗(樫山文枝)と哲夫(小杉勇二)の夫婦は、ある地方の小さな町で食堂を営んでいる。お客は、近くの工場の従業員や近隣の農家や勤め人といった庶民的なお店。娘の友紀(中地美佐子)は役場に職を得て、息子の涼太(齊藤尊史)は見習いコックとして哲夫の下で修行中だ。客足が絶えない店だったが、最近オープンしたばかりのネパール人カレー屋に押され気味。そんな時グエン(神敏将)という名のベトナム人が現れる。「技能実習生」として近くの農家で働いている。彼のつくるベトナムカレーは絶品だった。早苗と哲夫は、新メニューに加える決断をするのだったが……。

作・演出=中津留章仁

装置=乗峯雅寛 照明=宮野和夫 衣装=宮本宣子 効果=岩田直行 舞台監督=風間拓洋
出演者:樫山文枝、細川ひさよ、中地美佐子、金井由妃、高木理加、 長木彩、伊木瑠里、小杉勇二、佐々木梅治、齊藤尊史、吉岡扶敏、神敏将、本廣真吾、岩谷優志、平野尚
近藤一輝


○視覚に障害のあるかたへのバリアフリー・サービス


・事前舞台説明会を行います。9月29日(金曜日)、10月5日(日曜日)、12時30分~15分程度(要予約)
・事前舞台説明会に参加ご希望で日程調整が難しいかたはご相談ください。
・前方席の確保を心がけております。お早目のお申込みをお願い致します。
・点字チラシもございます。点字版DMもございますのでお申し付けください。
・点字パンフレットも販売致します。墨字と同内容同価格です(要予約)。
・盲導犬もご入場いただけます(要事前連絡)。
・月刊誌「民藝の仲間」については俳優による音訳CDがございます。定期購読は随時受付中です。12ヶ月1000円(墨字と同価格)です。

○料金

★バリアフリー割引があります。
障害者手帳所有のご本人、付添者は割引致します。お申込みの際に「バリアフリー観劇」とお申し付けください。
全席指定(税込) 一般 6300円、夜チケット 4200円、U25[25歳以下] 3150円[劇団のみ取扱い、要証明書]、
高校生以下1000円(枚数限定)[劇団のみ取扱い、要証明書]

ご観劇当日、障害者手帳をご提示下さい。付添者は1名に限り無料で観劇いただけます。それ以上は何人でも手帳所有のご本人と同額になります。

★チケット前売開始=2019年8月14日(水曜日)

 
○問合せ・チケット申込み

劇団民藝 電話:044-987-7711(月曜日から土曜日の10時~18時)

劇団民藝青山事務所:03-3401-5131
E-MAIL seisaku@gekidanmingei.co.jp
関連URL:
http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2019_ihoujin/

劇団民藝ホームページ:http://www.gekidanmingei.co.jp/


ページの先頭へ戻る


視覚障害者音楽教室のご案内

身体障害者手帳をお持ちの都内在住・在勤・在学の視覚障害者を対象とする教室です。合唱や楽器(コカリナ)演奏等により、ハーモニーの美しさ、歌う楽しさを体験できます。
皆様お誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。

○日時・会場

2019年7月19日(金曜日) 13時00分~15時30分まで

東京都障害者福祉会館  東京都港区芝5-18-2
JR山手線・京浜東北線「田町駅」下車徒歩5分
都営地下鉄浅草線「三田駅」A7出口徒歩1分
都営地下鉄三田線「三田駅」A8出口徒歩1分

○料金 無料
○内容 合唱、輪唱、斉唱、コカリナによる合奏など
○定員 各回 50名

○申込み ・受付

事前申込は不要です。当日、会場で受け付けます

○問合せ

東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課(9時~17時、土曜・日祝は除く)  電話: 03-5320-6857、 FAX: 03-5388-1734 
電子メールアドレス S9000027@section.metro.tokyo.jp
関連URL:
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/lifelong/learning/seminor_guide.html
※天候等の状況により中止の場合もあります。開催について不明な場合は、必ず事前に実施の有無について東京都教育委員会ホームページで御確認ください。

ぺージの先頭へ戻る


『チャレンジド・ヨガ~視覚障がいのかたのヨガ~体験会in川崎』のご案内

ヨガは年齢に関係なく、初めてのかたでも安心して取り組める運動です。安全第一で無理をせず、ご自身のペースで進めていただけます。当日は、ヨガの動きをサポートする補助員が複数名おりますので、どなたでも安心してお楽しみいただけます。
 ご家族様も会場にお入りいただき、少しだけサポートしながら、ヨガをご一緒にお楽しみください。同行のガイドヘルパー様には、応募人数によっては専用のマットをご用意できないことがありますので、予約の際にご確認くださいますよう、よろしくお願いいたします

〇対象者  全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。 ※障害者手帳の有無は不問です。

〇日時  2019年7月20日(土曜日) 13時30分から15時
終了後に1時間程度の懇親会を予定しております。お茶とお菓子をご用意しますので、どうぞご参加ください。

〇会場  川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室

〇参加費  無料

〇持ち物・服装など

・動きやすい服装(ヨガウェアでなくても全く問題ありません)
※裸足に抵抗があるかたは、滑り止めがついた五本指ソックスがお薦めです。
・汗ふきタオル
・水分補給用の水など

〇お申込み・お問合せ

川崎市視覚障害者情報文化センター 担当金子まで  電話: 044‐222‐1611、 FAX : 044‐222‐8105
電子メール: kawasaki-icc@kawasaki-icc.jp
関連URL:http://www.kawasaki-icc.jp/news/index.html#20190601e
崎市視覚障害者情報文化センターホームページ: http://www.kawasaki-icc.jp/index.html

ページの先頭へ戻る


音声解説付きDVD映画の体験上映会・川崎『マルサの女』のご案内

川崎市視覚障害者情報文化センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。
(音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。)

○日時・場所

2019年7月27日(土曜日) 13時30分より  

川崎市視覚障害者情報文化センター(多目的室A)  川崎市川崎区堤根34番地15(ふれあいプラザかわさき3階)
JR「川崎駅」より徒歩15分
京急「八丁畷駅」より徒歩5分

○内容

港町税務署の調査員、亮子は管内でパチンコ店の所得隠しを見つけたり、食品スーパーの申告漏れを指導するなど、地道に仕事をこなしていた。ある日、実業家権藤の経営するラブホテルに脱税の疑いを感じた亮子は独自調査を始めるが、税務署には強制調査の権限がなく真相を暴くことはできなかった。そんな亮子が念願の国税局査察部に配属される。通称マルサ、悪質な脱税を取り締まるために強制調査権限を持つ脱税摘発のプロ集団だ。巧妙な脱税の手口とそれを見抜くマルサの戦いの中で、亮子の活躍が認められていく。ある日、権藤の脱税を告発する電話がマルサにかかってくる。作家、評論家としても活躍した伊丹十三の監督作。綿密な取材に基づいた脱税の手口と、それを摘発するマルサの活躍を描く社会派エンタテインメントの傑作。

(127分 日本)

監督・脚本 伊丹十三
音楽 本田俊之
出演 宮本信子・津川雅彦・山崎努・小林桂樹・大地康雄 ほか

○料金 無料 (予約は不要です)

○問い合わせ

川崎市視覚障害者情報文化センター  電話: 044‐222‐1611、 FAX : 044‐222‐8105
電子メール: kawasaki-icc@kawasaki-icc.jp
関連URL:
http://www.kawasaki-icc.jp/news/index.html#20190601f
川崎市視覚障害者情報文化センターホームページ: http://www.kawasaki-icc.jp

ページの先頭へ戻る


劇団ふぁんハウス 第36回公演『明日への旅路』バリアフリーサポート

巨大温泉ホテルを舞台に平野恒雄が描く、シニア世代の淡い恋の物語。果たして、どんなドラマが待ち受けているのでしょうか?

作・演出 平野恒雄

○日時・場所

2019年7月27日(土曜日)  15時開演
     7月28日(日曜日) 11時開演
     7月28日(日曜日) 15時開演
       (いづれも開場は45分前)

赤坂区民センター 区民ホール 赤坂コミュニティぷらざ 内
東京都港区赤坂4-18-13
東京メトロ 銀座線・丸の内線 「赤坂見附駅」 A出口から徒歩8分
東京メトロ 銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線 「青山一丁目駅」 4番出口から徒歩10分
(駐車場はございません)


○料金

(全席自由・前売り、当日共)
大人 3000円  
中学生以下 2000円
Kissポート価格(港区在勤・在学・在住・または障害者手帳お持ちのかた )
大人 2500円  
中学生 1500円
小学生 無料

未就学児の入場はご遠慮いただいております。

○バリアフリー・観劇サポート

1.音声ガイド/点字パンフレット
視覚に障がいのあるかたへ。音声ガイドを導入いたします。
ご利用のかたは、イヤフォン付きFMラジオをご持参のうえ、開演の15分前までにご来場ください。
.
点字パンフレットも用意してありますので、当日受付スタッフにお声がけください。

2.ガイドヘルプ
赤坂見附駅改札から劇場まで、ガイドヘルパーがご案内いたします。
ご希望のかたは開演40分前までに、東京メトロ赤坂見附駅の改札前にお集まりください。

3.台本レンタル
聴覚に障がいのあるかたへ。台本をレンタルいたします。
ご利用のかたは、公演の1週間前までに劇団ふぁんハウス事務局へお申し込みください。

○お問合せ・申込み

劇団ふぁんハウス事務局  電話:03-3559-8663
電子メール: info@funhouse.ne.jp
劇団ホームページ: http://www.funhouse.ne.jp/

関連URL: http://www.funhouse.ne.jp/archives/19824

ページの先頭へ戻る


晴眼者とともに学ぶ視覚障害者教養講座『高齢期の生活設計・自分らしい人生であるために』

東京都教育委員会では、視覚障害者のかたがたが教養を高め、日常生活を豊かにする機会として、「視覚障害者教養講座」を、おおむね月1回実施しています。
この教養講座は、「視覚障害者と晴眼者との相互理解を図る」ことも狙いとしており、都内在住・在勤・在学のかたで関心のあるかたでしたら、どなたでもご参加できます。


○日時・会場

2019年7月28日(日曜日)13時30分~16時まで ※受付開始は、13時から

東京都障害者福祉会館
東京都港区芝5-18-2 電話 03-3455-6321
JR山手線・京浜東北線 田町駅(三田口) 徒歩約5分

都営地下鉄三田線 A7出口 徒歩1分

○費用 無料

○内容


安心して生活していくためには、その基礎となる経済的な生活設計が必要不可欠です。しかし、高齢期に必要な経費について学ぶ機会は少ないのが現状です。
本講座では、生活設計に詳しいかたを講師にお迎えし、老後を安心して暮らすための心構えや具体的な対策について学ぶ機会を提供します。是非、御参加ください。

《講師》 中田秀子(なかだ ひでこ)氏 東京都消費生活総合センター、啓発員

〇対象・定員

都内在住・在勤・在学の視覚障害者、晴眼者50名

○申込み

事前申込みは不要です。当日、13時から会場で受け付けます。

○問合せ

東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課(9時~17時、土曜・日祝は除く)  電話: 03-5320-6857、 FAX: 03-5388-1734 
電子メールアドレス S9000027@section.metro.tokyo.jp
関連URL:
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/lifelong/learning/files/seminor_guide/shikaku7.pdf
※天候等の状況により中止の場合もあります。開催について不明な場合は、必ず事前に実施の有無について東京都教育委員会ホームページで御確認ください。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/lifelong/learning/seminor_guide.html

ページの先頭へ戻る

『シネマ・チュプキ・タバタ ユニバーサルシアター』 7月上映のイベント決定!

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。
新旧とりまぜて、選りすぐりの映画を上映しています。
・ユニバーサルシアターとは
 イヤホン音声ガイド付き・・・視覚に障碍のあるかたも映像の解説を聴きながら楽しめます。
 字幕付き上映・・・視覚に障碍のあるかたも、日本語字幕を見ながら楽しめます。
 車いすスペースの設置・・・車いすのまま、客席に入れます。
 親子鑑賞室の設置・・・小さなお子様をお連れのかたも、安心して楽しめます。
・ご入場に際するご注意
チケットは当日販売いたします。各回入替制です。お席は当日先着順の自由席です。
お席はご予約のかた優先ですが、ご予約のお客様が上映時間になってもいらっしゃらない場合は、
当日ご来場のかたにお席をご案内します。(遅れる場合はご連絡ください)
駅からの誘導、手話サポート、親子室や車いすスペースご利用をご希望のかたは、必ず3日前までにご予約をお願いします。

・ヘルパーパスの発行
同行援護サービスなどで、歩行介助を受けている当事者が、介助者のチケット代も負担しなければならないということについて、「ヘルパーパス」を発行します。このパスポートをご入場の際に、ご提示いただければ、介助者のチケット代をご負担いただかなくても良いという制度です。

〇場所 シネマ・チュプキ・タバタ 〒114-0013 東京都北区東田畑2-8-4

JR山手線・京浜東北線「田端」駅北口から徒歩5分
※田端駅北口を出て右手。信号を渡り「新田端大橋」を右に直進してください。左手の「JR東日本東京支社ビル」を通過し、さらに進むとT字路になります。その手前、左側に駐輪所に続く階段とスロープが並列した通路があります。そこを降りてきていただき、降り口のところで、右手のガードをくぐると、「てんぷら二美」正面の信号があります。その信号を渡って、真っすぐ道なりに「田端駅下仲通り商興会」を進んで下さい。途中の十字路に「ほかほか大将」。さらに右手前方に「業務スーパー」の看板が見えてきます。当館は、「業務スーパー」の一つ手前のビルの1Fです。

○定員  20名
<7月の上映プログラム>   

関連URL:http://chupki.jpn.org/cinema/schedule/201907

①『ある精肉店のはなし』(2014年/日本/108分/ドキュメンタリー)

○日時  
2019年7月1日(月)~7月16日(土) 10時30分~12時18分   水曜定休

〇料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1300円

関連URL:https://chupki.jpn.org/archives/4419
公式サイト:https://www.seinikuten-eiga.com/

②『がんと生きる 言葉の処方箋』(2018年/日本/90分/ドキュメンタリー)

○日時  2019年7月1日(月)~7月16日(土) 12時40分~14時10分   7月3日以外の水曜は定休

〇料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1300円

NEWS!!
◎上映後のイベントが決定いたしました。
日時 7月3日(水)上映後トークショー
ゲスト ・野澤和之監督
野澤監督にお越しいただき、映画上映後に舞台挨拶を行います。
また、北区の王子がん哲学外来メディカルカフェを運営する当事者の方にもお話しを伺います。
通常水曜日は定休日ですが、特別上映開催致しますので、ぜひご来場くださいませ

関連URL:https://chupki.jpn.org/archives/4422
公式サイト:https://kotobanosyohousen.wixsite.com/website


③『愛がなんだ』(2019年/日本/123分)


○日時  2019年7月1日(月)~7月16日(土) 14時30分~16時33分  水曜定休
            7月18日(木)~7月30日(火)  15時00分~17時03分  水曜定休


〇料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1300円

関連URL:https://chupki.jpn.org/archives/4425
公式サイト:http://aigananda.com/

④『勝手にふるえてろ』(2017年/日本/117分)

○日時  2019年7月1日(月)~7月16日(土) 16時50分~18時47分   水曜定休

〇料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1300円

関連URL:https://chupki.jpn.org/archives/4406
公式サイト:http://furuetero-movie.com/

⑤『ヤクザと憲法』(2015年/日本/96分/ドキュメンタリー)

○日時  2019年7月18日(木)~7月30日(火) 10時30分~12時06分   水曜定休

〇料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1300円

関連URL:https://chupki.jpn.org/archives/4429
公式サイト:http://www.893-kenpou.com/

⑥『ナイトクルージング』(2019年/日本/144分/ドキュメンタリー)

○日時  2019年7月18日(木)~7月30日(火) 12時20分~14時44分   水曜定休

〇料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1300円

関連URL:https://chupki.jpn.org/archives/4432
公式サイト:https://nightcruising.net/

⑦『ここは退屈迎えに来て』(2018年/日本/98分)

○日時  2019年7月18日(木)~7月30日(火) 17時20分~18時53分   水曜定休

〇料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1300円

関連URL:https://chupki.jpn.org/archives/4435
公式サイト:http://taikutsu.jp/

⑧企画上映!!
『ラオス竜の奇跡』(2016年/日本・ラオス合作/112分)


○日時  2019年7月22日(月)~7月28日(日) 19時30分~21時22分   24日は水曜定休

〇料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1300円

◎<当館での企画>
・7/26(金)の回上映後、当劇場にてトークショー開催!
ゲスト:熊澤 誓人さん(監督)、森 卓さん(プロデューサー/ラオス食堂)
まだまだ日本ではあまり知られていない国、ラオス。映画を観たらもっと知りたくなる♪
物語の背景、ラオスでの撮影のことなどなど、お話しを伺います。

◎<ギャラリーOGU MAGさんでの企画>
・7月22日(月)〜7月28日(日)ラオス文化展示(写真と織物)、1日限りラオス食堂(27日土曜)開催!
ギャラリーOGU MAG ホームページはこちら

関連URL:https://chupki.jpn.org/archives/4487
公式サイト:http://www.saynamlai.movie/

○問合せシネマ・チュプキ・タバタ  電話・FAX03-6240-8480
予約URL:https://coubic.com/chupki
シネマ・チュプキ・タバタホームページ:http://chupki.jpn.org/
ページの先頭へ戻る

劇場で楽しめる、スマホで聴く音声ガイド『UDCast』のご案内 目や耳の不自由なかた、そして外国のかたも一緒に楽しめるUDCast。アプリUDCasr(ユーディーキャスト)をスマホやタブレットにダウンロードすれば、誰でも無料でご利用できます。このアプリをつかって、音声ガイドを利用して観たい作品を選んで映画館に行きましょう! ○音声ガイド配信中の作品 New!!『二宮金次郎』『きみと、波にのれたら』『ザ・ファブル』 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』『貞子』『町田くんの世界』『さよならくちびる』 など数対応中です。ぜひお楽しみください。 ※対応作品は、ホームページでご確認ください。 ・作品は『UDCast』方式に対応した視覚障害者用音声ガイドが付いています。 対応機種:iPhone、iPad、アンドロイド携帯 ・一部Android端末には『UDcast』アプリに未対応の機種がございます。 ・『UDCast』の詳細は、ホームページをご覧ください。 ○お問合せ
UDCast サポート(平日10時から19時) 電話: 0120-291-088
 FAX:03-5937-2233 問合せフォームhttp://udcast.net/contact/ UDCastホームページ:http://udcast.net/

ページの先頭へ戻る